トレパンからのお知らせ
 ひそかにTwitterはじめました。アカウント@torepan11 でたまにつぶやいてます( ´艸`)
2020年10月23日

【ハワイの今】本土間の観光再開に日本ツーリストに対して隔離解除!?この1か月のまとめ

どうも!トレパンです!

更新していない1か月の間、ハワイでは観光再開に向けて色々進展がありましたね!
観光再開に向けて前向きに動き出したハワイ。
この1か月をまとめてみました!




スポンサーリンク








10月15日より事前検査プログラム開始


以前の記事でもお伝えしましたが、10月15日よりハワイへの旅行者は渡航72時間以内に行ったPCR検査陰性証明を提出すれば14日間の自己隔離措置を免除されるという 『事前検査プログラム』が開始されました。



主にアメリカ本土からのハワイ渡航者を対象にしたプログラムで、ハワイ到着時に出発前72時間以内に行ったPCR検査の陰性証明を提示できる渡航者は14日間の隔離措置を免除され、到着後すぐに観光できます。また、事前検査をしない旅行者に対しては、これまで通り14日間の自己隔離期間を義務づけられ、違反した場合には5,000米ドル(約52,7000円)までの罰金や禁固刑を科せられます。

前回の記事に無かった情報としては、
5才以下の子どもが家族と一緒に旅行する場合は、事前検査なしでの隔離措置免除が可能になりました。
(※すでにプレスクールや学校に通っている子は対象外とのことです。)
理由としては、両親が陰性と証明された場合、いつも一緒にいる幼児も陰性の可能性が高いとのことです。




米系航空会社が空港での新型コロナの事前検査を提供


事前検査プログラムに伴い、ユナイテッド航空とハワイアン航空は、空港での新型コロナの事前検査を提供することを発表しています。

ハワイアン航空は、10月15日よりロサンゼルス空港とサンフランシスコ国際空港からハワイ行きの乗客に新型コロナの事前検査を提供しています。
検査の内容ですが、ワークサイトラボが提供するドライブスルー式の、鼻咽頭ぬぐい液を使ったPCRデジタル検査で、検査にかかる費用は3日間以内に結果がわかるものが$90で、出発前に空港で行うものは$150だそうです。

また、ユナイテッド航空はサンフランシスコ国際空港からハワイ行きの乗客に事前検査を提供しています。
検査の内容は、空港での検査と郵送による検査(メールイン)の二つのオプションから選べます。
アボット社のAbbott ID NOW はユナイテッドの乗務員が使用しているのと同じ鼻咽頭ぬぐい液を使った検査で、出発前に国際ターミナルの検査施設で受け、15分後に結果を受け取ることができるとのことです。
カラー社によるメールイン検査は個人がオンラインで購入し、出発72時間以内に行った検査のサンプルを郵送または空港で回収箱に提出するタイプで、検査結果は24〜48時間以内に送られてきます。
これらの正式な価格は分かりませんが、鼻咽頭ぬぐい液を使った検査は$250、郵送検査は$80くらいだとされています。




ハワイ島は到着後14日間隔離措置継続



上記はオアフ島をはじめ、マウイ島、カウアイ島も対象ですが、ハワイ島は残念なことに対象外になります。
ハワイ島に州外または他島から到着する場合には、陰性証明書がある場合でもハワイ島到着時に再度抗原検査を受ける必要があり、到着後の2次検査で陰性が証明されるまでは自主隔離が必要となっています。
ハワイ島では先月発生した新型コロナのクラスター感染などの感染拡大が懸念されており、ハワイ島のハリー・キム群長は、経済再開よりも市民の安全を重視しているようです。




観光再開したハワイ


10月15日から観光を再開したハワイ。
渡航者の数もプログラム開始前より格段に増えていて、ハワイ州外からハワイ州各島に到着予定だった旅客機も利用率は全体の8割以上を満たしているとのこと。
グリーン副州知事いわく、ハワイ観光の再開を「順調なスタート」と述べているそうです。

渡航者全体の80%以上は事前検査プログラムに参加しているようですよ。

10月15日直前のハワイ。ハワイの友人から送られてきました。

誰もいないモアナサーフライダー。
・・・なんだか不気味に見えますね(;・∀・)

誰もいないワイキキのビーチにも、今は本土からの旅行者でにぎわっているのでしょうか?^^




ANA国際線再開は羽田便優先へ


ANAはコロナ禍で国際線の運休が続いたため、長距離国際線で使う大型機25〜30機を削減する方針を固めたとのことです。
そして、新型コロナウイルスの影響で大幅に減便している国際線については、需要回復時には羽田空港の発着便から優先的に再開する方針を明らかにしました。

・・・つまりハワイ便復活の際には羽田優先になるってことですよね。
羽田空港からフライングホヌが飛ぶ日がくるのでしょうか〜?(≧∇≦)




日本向けの事前検査プログラムを開始!?


そんな中、朗報です!
ハワイ州は、ハワイ時間2020年10月15日(木)から開始が予定されているハワイ到着後の14日間自己隔離を免除する事前検査プログラムの検査対象に、米国以外で初めて日本の厚生労働省が認可する新型コロナウイルス感染症の核酸増幅検査(NAT)を承認しました!!
これは素晴らしい!

ハワイ到着後に自己隔離を免除するためには、日本を出発する72時間以内にハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関にて新型コロナウイルス感染症の検査を行い、ハワイ州指定の陰性証明書を発行してもらい入国時に提示する必要があります。
現在、ハワイ州保健局は日本の様々な医療機関と協議を重ねており、指定医療機関が確定次第、日本向けの事前検査プログラムの開始を発表する予定だそうです。

日本向けの事前検査プログラムが開始されるまでは、引き続きハワイ到着後に14日間の自己隔離が必要ですが、ハワイ州は日本政府と協力しながらハワイへ渡航しやすい環境を整備していくとのことです。

ハワイに行きやすくしても、帰国後14日間隔離要請なら意味がない。
出国も帰国もハワイへ渡航しやすい環境を1日でも早く整えてくれることを願います!




まとめ


トレパンが落ち込んでいたこの1か月でだいぶ前進していたことにビックリ!
(落ち込んでいた理由は前の記事をどうぞ)
日本からハワイへ行ける日も思った以上に近くなっている気がします( ´∀`)
トレパンの12月ハワイも来年に延期しました。
再度延期・・・にならない事を祈りつつ、次なる朗報を期待しています!







↓当ハワイブログに遊びに来てくれてありがとうございます!ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

torepan555 at 08:00│Comments(0)clip!ハワイのつぶやき 
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔