トレパンからのお知らせ
 ひそかにTwitterはじめました。@torepan11 でたまにつぶやいてます( ´艸`)
2011年02月28日

2010・10HAWAII旅行記 2日目 ハロナ岬の海守地蔵尊

うー、寒い〜〜((´д`)) ブルブル…サムー
写真だけでも暖かそうにしよーっと(笑)


そうそう!
先日の週末、我が家の隣の空き地にドラマの撮影クルーが来ていました。

なんと『相棒』の撮影でした!

・・・と言っても、水谷豊さんやミッチーなどのメインキャストは居ませんでしたが(;^ω^)
スタッフは相棒ジャンパーを着ていましたよ。

我が家のラナイから覗いてたんですが、『古谷一行』さんが居ました!
ダンディーな感じでした(^-^)
「相棒」を見ていないためよく分かりませんが、古谷一行さんはゲスト出演なんですかね?
撮影はお向かいの古い写真屋さんで行われていました。
それにしても、朝からエキストラの方々がいろんなところで待機してて、珍しく人通りの多い通りになってました(笑)
こんなところまで撮影にくるなんてビックリだ〜ね〜ぇ。

ハワイ旅行記は2日目の続きです〜♪



※2日目はここからの続きです。

ココマリーナから東へ向かった私たち。

ハナウマ湾もココヘッドも超えてしばらく行くと、

右手に『ハロナ潮吹き岩展望台』があります。
車をココにひとまず駐車して。
今回は徒歩で少し戻りながら散歩してみましたヽ(・∀・ )ノ
海岸線の車がビュンビュン走ってる道路を徒歩で歩いてみました。
・・・かなり恐かった(;´Д`)

展望台のすぐ手前には、岩場のビーチが。
崖から降りるとビーチになっていて、見ているだけでちょっと怖そう(;´Д`)
さらに岩場で波も強いので、泳いでるのか流されているのか分からないスイマーが居たり。
100%ロコの穴場ビーチでしたが、降りる勇気は無かったぁ(><)

さらに戻るように進むと、こんな階段を見つけました。

階段を少し上ると右手にはこのように石が積んであり・・・

階段を上りきると、『海守地蔵尊』と彫られた石の裏側にはなんと観音様とお地蔵様が立っていました!

気になって後日調べてみると、ここは『ハロナ岬』と言う場所で、『徳観世音』という観音様でした。(観音様の横にある「ガリ」の箱も気になりますが。)

かつてここには釣りの穴場であり、太公望の釣りの竹竿が山脈のようにずらりと並んだので、通称「バンブーリッジ(竹山脈)」と言われたそうです。しかし、海に突き出た岬であるため、昔から荒波にさらわれて亡くなる人があり、「魔の海岸」とも呼ばれていました。
1930年代、日系1世を中心としたホノルル・ジャパニーズ・キャスティングクラブのメンバーが社会奉仕の一環として、オアフ島の釣りポイントに日英両語で「あぶない」「DANGER」と記した木の標識を立て始めました。
ところがメンバーの1人がハロナ潮吹き岩近辺で荒波にさらわれて亡くなってしまい、この場所に海を守る地蔵を祀ることになったそうです。会員たちは寄付を募り、広島から御影石の地蔵を取り寄せて、この場所に建立しました。

第二次世界大戦勃発時には反日感情から地蔵の首がもがれたり、手や衣が壊されてしまうこともありました。
そこでモイリイリで石工をしていた大坪千太郎さんが、新たに地蔵を彫り、1940年6月23日に最初の地蔵の台座の上に建てられました。それが現在建っている二代目の地蔵だそうです。
オリジナルのお地蔵様は修復され、パロロ観音寺に祀られています。また当時立てられた木の標識の1つがパロロ潮吹き岩に残存しているとのことでした。

色合いがカラフルだったので、最初中国やアジアの地蔵だと思っていましたが、日本人が立てた像だったんですね〜。

ハロナ岬からの眺め。
・・・写真右下にも、お供えものが・・・Σ(・∀・;)

トレパン、こんな岬があるなんて今まで知りませんでした。
日本人が作った海の守り神がハワイに居たんですねー。



◆『 Guardian of the Sea(海守地蔵尊)』
住所 : Kalanianaole Highway, Honolulu, HI 96825
駐車場 : ハロナ潮吹き岩展望台のパーキングを利用
地図はこちら



torepan555 at 15:17│clip!2010・10 オアフ島旅行記