トレパンからのお知らせ
 ひそかにTwitterはじめました。アカウント@torepan11 でたまにつぶやいてます( ´艸`)
2005年11月21日

ハワイのお菓子マラサダ

ハワイの代表的なお菓子といえば、『マラサダ』
マラサダとはポルトガルの伝統的なお菓子で、揚げドーナツみたいなかんじです。
でも日本の揚げドーナツを連想すると、裏切られます。
まわりはサクッとしてるのに、中はフワフワ・・・・・じゅるっ( ̄O ̄;

種類は、シュガーやシナモンがまぶしてあるだけのスタンダードなものから、
クリームやチョコ・ハウピアやヨーグルトが中に詰まってるものなど、
お店によってメニューも様々です。
値段も一つ1ドルしないお安さ。


マラサダの初めての出会いはいつだったろう?


スポンサーリンク




最初はアラモアナセンターのマカイマーケットにあった
「プレッツェル&マラサダ・カンパニー」で出会ったかな。
それまでマラサダの存在を全く知らなかった私。
「何だろう?揚げパンか?・・・でも美味しそう」
と単純に買い、そのままアラモアナビーチへ。
夕日を眺めながら食べたっけ。
そのマラサダの美味しかったこと!!今でも忘れられない思い出。

帰国後にマラサダがハワイの代表的なお菓子で、
マラサダの有名なお店が他にもあることを知りました。

で、今回は一番マラサダで有名な店、カパフル通りにある
『レナーズ』に行ってきた。
ここのマラサダは一日なんと1000個も売り上げてしまう超有名店。
並ばないと買えないよー、なんてウワサもありますが、
並びたくないなら昼前ころが狙い目ですよ。

レナーズはマラサダ屋さんだとばっかり思っていましたが、
パンやケーキもたくさん売っててビックリ。
でもここはシュガーとシナモンのマラサダを注文。

車に戻って、マラサダをパクリ!
うまい!うまいなー!
外はサクサク、中はフワ〜。

でも・・・しいて言えば、若干アラモアナSCの「マラサダカンパニー」
のマラサダより、モチモチっとしてるかなー。
うーん、私はマラサダカンパニーに一票
次回はもひとつ有名な『チャンピオン』に行ってみようっと

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔